ひな祭りの桃花酒、白酒、甘酒

上巳の節供に飲まれていたのは、「桃花酒」という薬酒でした。本来、桃は薬として大陸から伝わった果実で、邪気を祓い気力・体力を充実させるとされ、花を浮かべたり香を移した桃花酒を飲んでいました。それが江戸時代になって、白酒になりました。甘酒は、アルコールが飲めない子どもたちのための「お酒」です。

「上巳(じょうし)」とは、旧暦3月の上旬の「巳(み)の日」のことなので、最初から3日に限定されていたわけではありません。3月最初の巳の日に行っていた「上巳の節供」が、3月3日に固定されたのは中国の三国時代(3世紀半ばごろ) といわれます。「3」が重なるようになったため「重三(ちょうさん)の節供」ともいわれました。この日には川で禊ぎをし、穢れを落とし、その後に宴会をしていました。

日本の「桃の節句」は中国の節会に倣い、平安時代以前から始まり、貴族の子女の間で行われていましたが、江戸時代に、庶民の人形遊びと節供が結びついた行事になりました。

紙で人の形(形代)を作り、それに穢れを移し、川や海に流して災厄を祓う祭礼のかたちは、「流し雛」として今も各地に残っています。現在の雛人形は、この形代(人形)が、江戸時代に、美しい人形に発展したものと考えられます。

「上巳の節供」の日、中国では春遊踏青という野遊びをしていました。それは若い男女の出会いの場でもあり、恋が生まれる心楽しい野外パーティの日でもありました。もともと、節会とは、神さまにお供えする食べ物のこと。人間はそれをいただいて邪を祓い、健康にしていただくのです。お供え物は季節の花や野菜、魚介です。

 

☑️2名分1セット(※2名分1セットで追加可能です。)

3月:上巳の節供・・(節供の花・・・桃など)

¥3,800価格
  • <返品ポリシー>

    ■商品不良、商品間違いをのぞき、 お客様都合による交換・キャンセルは承っておりません。ご返品いただいた上、改めてご注文下さい。 ご購入の際は商品情報をよくご確認の上、ご注文下さいませ。

     ■商品不良・商品間違いの場合送料は弊社が負担致します。

    ■返金は、返品商品が到着後1ヶ月以内に支払い方法に応じて行います。

    ■ご購入後の サイズ交換は開封の有無にかかわらず、一切承っておりません。

    ■また、事前の連絡なしでご返送いただいた場合はご返金いたしかねます。 あらかじめご了承下さいませ。

    ■商品の色・質感等につきまして、なるべく実物に近い画像を掲載させて頂いておりますが、 お客様がご覧になるモニターや端末等の環境によって見え方異なります。予めご了承下さい。

  • 2名分1セット(※2名分1セットで追加可能です。)