『江戸府内絵本風俗往来』(1905)には、江戸時代の人日の節供の様子が描かれている。

紋付き小袖に麻上下を着て、恵方に向かい、「遠土の鳥の渡らぬ先より」などと唱えながら若草を打ちはやし、翌日その若菜を入れた粥を食べるという。 さらに『東都歳時記』(1838)には、人日の朝には身分の高いものも低いものも皆、七草粥を食べると記されており、江戸時代後期には、庶民にまでその習慣が広まっていた様子がわかる。

 

☑️2名分1セット(※2名分1セットで追加可能です。)

1月:人日の節供・・七草粥セット

¥3,800価格
  • <返品ポリシー>

    ■商品不良、商品間違いをのぞき、 お客様都合による交換・キャンセルは承っておりません。ご返品いただいた上、改めてご注文下さい。 ご購入の際は商品情報をよくご確認の上、ご注文下さいませ。

     ■商品不良・商品間違いの場合送料は弊社が負担致します。

    ■返金は、返品商品が到着後1ヶ月以内に支払い方法に応じて行います。

    ■ご購入後の サイズ交換は開封の有無にかかわらず、一切承っておりません。

    ■また、事前の連絡なしでご返送いただいた場合はご返金いたしかねます。 あらかじめご了承下さいませ。

    ■商品の色・質感等につきまして、なるべく実物に近い画像を掲載させて頂いておりますが、 お客様がご覧になるモニターや端末等の環境によって見え方異なります。予めご了承下さい。

  • 2名分1セット(※2名分1セットで追加可能です。)